タクシー求人は沢山募集がかけられている|職探しの倉庫

街

ドライバーまでの流れ

ジョブ

タクシー会社のサイトを見れば分かるように、現在全国のタクシー会社がタクシードライバーの求人を出しています。サイト内での求人募集はもちろん、求人雑誌やネットの求人検索サイトなど、様々な媒体を利用して求人をかけているのです。タクシードライバーを目指す人が減ってきているという理由もありますが、それだけ需要が高まってきているという背景もあります。経済の調子も上がってきており、タクシーの利用者が増えてきているのです。ただタクシードライバーを目指す若者の数が少なく、今現在タクシードライバーとして頑張っているのはベテランドライバーばかりです。そのため、今多くのタクシードライバーがしっかりとした研修、そして好待遇を設けるようになりました。求人雑誌でもタクシードライバーの募集を見る機会が増え、またタクシー自体に求人の告知を載せているケースもあります。仕事内容に見合った満足のいく待遇が得られるので、興味のある方は一度求人を探してみましょう。

タクシードライバーになるためには、求人案件を通して面接や会社が設けた試験をパスする必要があります。晴れて合格したら、タクシードライバーになるための研修期間がスタートします。研修期間は約一ヶ月となっていますが、予定より早く研修が終えることもあれば、少し延長することもあります。まずは地理関係や交通バリアフリー法などに関する講習を3~4日間行ないます。その後、普通自動車第二種を所持していない方は免許取得研修に入ります。これが約10日間です。研修後に実務研修に入ります。これも10日間くらいの期間を要します。実務研修が終われば、晴れてタクシードライバーとしてデビューできます。